八幡 陽乃 ss。 八幡「あ、あれは…………」陽乃「」テクテクテク

【俺ガイル・八幡】雪ノ下陽乃「君の居場所はどこ?」SS

Ss 八幡 陽乃 Ss 八幡 陽乃

😇 619• 昼休みに飯を食べるためだけに出ていけんよ。 比企谷君がプレゼントだなんて」 八幡「俺一回プレゼントあげてるよな……。 38 モブ「社長、珈琲です」 陽乃「ご苦労さま。

14

八幡(21)「俺がボディーガード?」陽乃(24)「そうだよ♪」

Ss 八幡 陽乃 Ss 八幡 陽乃

🙌 38 八幡「何でですか?」 静「幹事から連絡があって、男性側に一名欠員が出たみたいでな」 八幡「いや、だからって教え子に声掛けますか普通」 静「君以外に候補があるならとっくに頼んでいる。 年齢がかけ離れているとかないから。

19

八幡(21)「俺がボディーガード?」陽乃(24)「そうだよ♪」

Ss 八幡 陽乃 Ss 八幡 陽乃

🙌 あと感想もお待ちしてますんでよろしくお願いします。 71 雪乃「いえ、でも、これで貸し一つね」 陽乃「あー、雪乃ちゃん私の八幡とっちゃだめだぞー」 由比ヶ浜「いつぞやのセリフ思い出すな~」 八幡「あぁ、俺は雪ノ下のもんだとか言ってたな」 由比ヶ浜「今それを考えると微笑ましいね」 八幡「全くだ」 陽乃「ん~?そこ何か言った~?」 八幡「いいや、なにも言ってないっす。

4

陽乃「いい加減籍いれようよ」 八幡「嫌です」【俺ガイルss/アニメss】

Ss 八幡 陽乃 Ss 八幡 陽乃

👀 02 短編です。 ラブリーマイエンジェルです。

7

陽乃「いい加減籍いれようよ」 八幡「嫌です」【俺ガイルss/アニメss】

Ss 八幡 陽乃 Ss 八幡 陽乃

🤪 しかし雪ノ下さんが付けそうな感じがするなーコレ」 八幡(まあ、当たらずとも遠からずといったところか。 ヒッキーいこ!」 八幡「あ、ああ……」ゴソ 八幡(ん?これは……藁……?なんでポケットに……) 結衣「ヒッキー早く~!」 八幡「……」スタスタ 八幡(わらしべ長者……日本で有名な昔話の一つで、確か貧乏な青年が一本の藁を次から次へと物々交換していき大出世するという話だったか……) 八幡(しかし現実には一本の藁なんて数千本ある藁の内の一つでしかなく、すぐに使い捨てられるモノ。 最近の投稿• それにまだ俺大学生です」 陽乃「愛に年齢は関係ないの」 八幡「いや普通に考えてですね…」 陽乃「普通なんて知らないよ。

18

陽乃「いい加減籍いれようよ」 八幡「嫌です」【俺ガイルss/アニメss】

Ss 八幡 陽乃 Ss 八幡 陽乃

😩。 誰かイラストにするんだ。 31 ID:zE1vsGxii 八幡「あと由比ヶ浜。

17

陽乃「いい加減籍いれようよ」 八幡「嫌です」【俺ガイルss/アニメss】

Ss 八幡 陽乃 Ss 八幡 陽乃

📲 私はこんなことするつもりなかっただけどなぁ…。

20

陽乃「ねえ比企谷くん」八幡「なんすか」

Ss 八幡 陽乃 Ss 八幡 陽乃

💖 なんてったって私の義妹だからね」 小町「はい!」 雪乃「こんにちは」 「やっはろー」 雪乃「ごめんなさい、来る途中でさんに会ってしまって、なにも言わないというのもおかしいと思って連れて来てしまったわ」 八幡「あーまじか、が来るのは別に良いんだが鍋の量足りるか…」 雪乃「その点は大丈夫よ」 「うん!来る時スーパーよって買ってきたから!」 八幡「が買って来たのかよ…大丈夫かそれ」 「わ、私だってもう1人暮らししてるし料理もできるようになったんだからね!」 八幡「どうだか…」 「私に対してなんか厳しくない?!」 雪乃「彼はあなた以外の人にもそんな態度よさん。 なんだかんだ言ってここ一年くらい会ってない気がする」 雪乃「あらまだ半年もたってないわよ」 八幡「まぁ久しぶりってことに変わりはねぇわな」 由比ヶ浜「そうだね、でもこう言うの楽しいよね!」 小町「小町もそう思います!」 13 :やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 」 小町「いやいやー…お兄ちゃんも成長しましたなぁ」 「うぅ…料理練習してるのになぁ…差が開いた気がするよ…」 雪乃「あまり邪魔し続けてもいけないわね。

10

八幡「あ、あれは…………」陽乃「」テクテクテク

Ss 八幡 陽乃 Ss 八幡 陽乃

☢ 陽乃様の命令は絶対ですから」 陽乃「ちょ、ちょ 」 八幡「死にます」グサァ 八幡「 あぁ、首にささってる、死ぬかもなぁ、死ぬんだろうなぁ。 」 チラチラ 八幡 周りの視線がうっとおしい、この人偶然とかいいながら、今日で5日連続だぞ、それはもう必然だわ 陽乃「ん?なんか今失礼なことかんがえてなかった?」 八幡「いえいえ、まったく」 そして、その度におもちゃにされるんだよな 陽乃「今日はどこいこっか?」 八幡「どーせおれがいってもきかないでしょ?」 陽乃「だって、どーせ、家とか言うし 」 八幡「わかってるなら聞かないでくださいよ」 いい加減我慢ならないな 八幡「 でも、この人と、戦うならそれこそ決死になるだろう。

3