植田 今日子。 植田先生紹介

2000万円前後の退職金があっても 地方公務員の老後は悲惨?

今日子 植田 今日子 植田

😁 植田今日子(うえだ きょうこ) 生年月日:1973年 出身地:大阪府 植田今日子教授は、 大阪府出身ですが出身中学や高校については公開していません。 規模の小さかった三つの集落(小浜・金川・逆瀬川)は消滅という事態を迎えていた。 意外にもかつて三団体の境界が水没予定地の集落に深い溝をもたらしていたとき、それぞれの集落では一度も年中行事や常会を欠かすことはなかった。

5

植田先生紹介

今日子 植田 今日子 植田

🎇 植田 今日子 ウエダ キョウコ ueda kyoko E-mail: 主な授業担当科目・現在の専門分野 環境と民俗、地域社会学、社会調査方法論 II 、演習、環境社会学、民俗学、生活史 最近の研究分野・テーマ等 〈災い〉と〈生活の糧〉をもたらす両義的な自然への適応過程についての研究 災害常習地に伝わる、災いへの備えや警戒の間世代的伝承・継承についての考察 架橋を境に離島をやめたシマ社会の変動についての研究 「一回性」の災害と「常習的」災害の伝承・継承のあり方についての研究 経歴に関する項目(学歴・職歴・受賞歴等) 2008年 筑波大学大学院 人文社会科学研究科 博士課程修了[博士(社会学)] 2010年 東北学院大学 専任講師 2013年 東北学院大学 准教授 日本村落研究学会奨励賞受賞(論文の部・2009年)、関西社会学会優秀報告賞受賞(2007年) 教育・研究活動、社会貢献・その他の社会的活動 フィールドワーク(質的調査)を通して地域社会が自治を図ろうと展開する戦略や、危機的状況において発揮する創意工夫について考察してきた。

15

上智大学

今日子 植田 今日子 植田

👐 すでに水没予定地では計画をめぐって賛成派、条件つき賛成派、反対派と三つの異なる立場が交渉や運動を展開し、それぞれが順に補償交渉に終止符をうっていく。 今は可能だとしても、家族が増えればどうなるか分かりません。 下流でダムの治水機能の恩恵をうけるはずの人たちが川への環境負荷を理由に反対を表明し、ダムの利水機能にあやかるはずの農家たちが農業用水の不要を訴えていた。

3

上智大学

今日子 植田 今日子 植田

😭 そのような状況下で、年金生活が始まるまでの残り35年で3000万円の貯蓄ができるでしょうか。 この間に仮に月々30万円必要となれば、5年間で1800万円。 しかしその間にも時間は流れていく。

17

上智大学

今日子 植田 今日子 植田

😁 五木に残ると決めていた人が、歳を重ねて身体を弱らせ、やっぱり都会に住むと言いだすかもしれない。 この状況をみて建設反対の主張を継続できなくなった反対派も、間もなく補償案を受け入れ、反対の看板を下ろすことになる。 [図表2]一般的なライフプラン 外部サイト. 今日までその組織を存続させようとしてきた人たちが確かにいたことや、その組織が果たそうとしてきた何らかの目的があったことが、その行く末が問われることで浮かび上がってくる。

14

植田先生紹介

今日子 植田 今日子 植田

🤣 明白に深刻な事柄だけが問題ではありません。 厚生労働省の資料で日本の社会保障給付費の推移を確認すると、2000年では78兆4000億円でしたが、2010年には105兆4000億円、そして2020年(予算ベース)には126兆8000億円と急増を続けています。

2

2000万円前後の退職金があっても 地方公務員の老後は悲惨?

今日子 植田 今日子 植田

🙌 要するに毎月の家計は赤字で、貯蓄などを切り崩して生活していることが分かります。

11

上智大学

今日子 植田 今日子 植田

👇。 仮に定年延長が実現しても、60歳を超えてからの給与は大幅に減額される見込みです。 けれどわたしが思わず売却されることになった大企業と小さな集落を重ねてしまったのは、自分の人生よりもずっと長生きであるはずだった組織が、自分の目の黒いうちに無くな ってしまうかもしれない局面を迎えているという意味でよく似ていたからである。

18

上智大学

今日子 植田 今日子 植田

😁 主な著書・論文・調査研究報告等 単著(2016) 『存続の岐路に立つむら』 昭和堂 分担執筆(2016) 『災害文化の継承と創造』 臨川書店 編著(2015) 『災害と村落』 農山漁村文化協会 分担執筆(2013) 『途絶する交通、孤立する地域』 東北大学出版会 共編(2013) 『更地の向こう側-解散する集落「宿」の記憶地図』 かもがわ出版 所属学会 日本社会学会、文化人類学会、日本村落研究学会、環境社会学会他 研究・教育方針(研究指導・演習の特色等)モットー 社会学は他者に出会い、ゴールのない「旅」をつづけるためのコンパスだと思っています。 グローバル企業の携帯端末事業部と日本の小さな集落とを比べるのはあまりにも突飛かもしれない。 高齢夫婦無職世帯の年金受給額を含む毎月の平均収入は約20万円ですから、ストレスなく生活するには、あと毎月約15万円必要ということになります。

14